忍者ブログ
CHIHARU MK'S JOURNAL
1 2 3 4 5 6
[  11/24  [PR]  ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年に誘っていただいたKAAF『音遍路』プロジェクトが フランスのWebラジオ「webSYNradio」(Dominique Balaÿ)で 14日の木曜日から2週間(11月14日/Thu/14時 〜 11月28日/Wed/14時、仏時間) 限定公開されるそうです。

実は、この中で参加した私の作品は、後にリリースした「blue flow」の前身となったものです。

サイト内の「websynradio stream」下の▶の再生ボタンで聴けます。 またiTunesでもPodCastとして聴けます。

http://droitdecites.org/2013/11/09/tomonari-higaki-sur-websynradio-14-28-novembre/

音遍路(おへんろ)~フィールド・レコーディングの世界

1.有馬純寿 2.渡邊裕美 3.山田あい子 4.檜垣智也 5.関光穂 6.江南泰佐 7.大塚勇樹 8.かつふじたまこ 9.新居正教 10.林恭平 11.向山千晴 12.大久保雅基 13.炭鎌悠 14.石上和也 15.ヴァンサン・ロブフ 16.及川潤耶



PR
"blue flow" -- Vital Weekly (オランダ)のレビュー。

このCDリリースはある意味で「Chiharu MK」と「永田砂知子」という2人の日本人女性アーティストのコラボレーションによる音楽の創造、と言ってよいだろう。
前者は、私が思うにコンピューターを用いる音楽家であり、後者は「波紋音」と呼ばれる鉄製のスリットドラムを演奏する打楽器奏者である。
永田氏はその演奏を、MK氏が日本で行ったフィールドレコーディングと組み合わせている。
ある時このCDを再生していると、誰かが入ってくるなり「これは?またObscure Records発売のCD?」と聞いてきた。彼には「違う」と答えたものの、私には彼がそう思ったのも頷ける。 風や鳥のさえずりと共に聞こえてくる、どこか屋外にセッティングされたと思われる打楽器の流れるような音楽には同じObscure Records発売のToop/Eastleyの音楽に通じるものがある。
録音がなされた周辺の環境だけでなく、場合によっては音楽が再生される場所とも関わりあう音楽。
歩き慣れた街の通りでは聞くことのない、遠くの寺院から流れてくる音楽のような、もしくは今は季節外れの、夏の日のウインドチャイムのような音。
ここには、深く瞑想するかのような素晴らしい音楽、本当は全ての季節に馴染んでいくであろう音楽がある。 耳から伝わってくる音の風景のようでありながら、そこにはほとんど宗教的ともいえる性質が備わっている。

*******************************


"blue flow" -- Vital Weekly (Nederland)

In a way perhaps one could say that the release by two female Japanese artists Chiharu MK and Sachiko Nagata. The first is, I think, a computer musician and the latter a percussion player mainly using the iron slit drum called 'Hamon'.
She combines that with field recordings from Japan, recorded by MK.
As I was playing this, someone walked in and said: what's this release from Obscure Records again? I told him it was not, but I could see what he means, as it bears resemblance to the Toop/Eastley record on Obscure Records - the percussion that seems to have been set outside in the field somewhere, and we hear wind, birds and watery percussion sounds.
This is indeed music that very much deals with the surrounding in which it was recorded and perhaps also in which it is played back.
Like far away temple music, which may be odd in my street, or wind chimes on a summers day - again odd for the time of the year. Excellent meditative music here, one that actually fits all seasons. Maybe aural wallpaper too, but then of an almost religious nature.
音楽を制作したNina Fischer & Maroan el Saniの作品「Snow Division」が映像フェスティバル2012にて上映されました。



詳細はPDFにて

映像フェスティバル2012 北海道映像のインスピレーション
アピチャッポン・ウィーラセタクン/ニーナ・フィッシャー&マロアン・エル・サニ

2010年にカンヌ映画祭で最高賞を受けて話題となったタイの映像作家ウィーラセタクンと光州ビエンナーレなどの国際展で活躍するドイツ出身のアートユニット、N.フィッシャー&M.エル・サニの作品をまとめて紹介します。この1名1組は、国際的に高い評価を受けているだけでなく、ともに北海道に在住して制作活動を行い、北海道のメディアアートに少なからず影響を与えたアーティストです。彼らの刺激的な映像世界をどうぞお楽しみください。

日時・上映作品/
2012年3月23日(金) アピチャッポン・ウィーラセタクン「トロピカル・マラディ」ほか
2012年3月24日(土) アピチャッポン・ウィーラセタクン「ブンミおじさんの森」ほか
2012年3月25日(日) ニーナ・フィッシャー&マロアン・エル・サニ「スノー・ディヴィジョン」ほか
各日13:30~(開場は13:00)

北海道立近代美術館
silence

教え子の石垣 亮くんの作品が、イタリアの「SILENCE」で発表されることになりました!

詳細はこちらから!
最新のイベントほかお知らせは、今後Facebookの方に更新していきます。
よろしくお願い致します。
良かったら「いいね」を押して常に更新チェックしてくださいね!

Facebook Pageはこちら!
夜ボ〜ッッとテレビを観ていたら、突然waterproofがかかってびっくりしました。

日本テレビの「SCOOPER」という椎名桔平さんと鈴木崇司(NTVアナウンサー)が出演している番組でした。ゲストで戸田恵子さんが出ておいででした。
ちょうど、「いろはす」のペットボトルは他より軽くて、さとうきびの絞りカスから作られていると説明している時にBGMとして使用されていました。

何か、どっかで聴いたことある曲だな?.....と思ったら自分の曲だったんですけれど
一瞬で気がつかない所が、抜け作なんだな....じぶん。

http://www.ntv.co.jp/scooper/index.html
札幌芸術の森美術館で昨日から始まった「メアリー・ブレア 人生の選択、母のしごと。」
を鑑賞して来ました。


blair1


メアリー・ブレアはディズニーのコンセプト・アートで有名な女性画家で、
絵本なども製作しています。


blair2


私は美術館の回し者ではないのですが(笑)、500円で音声ガイドをレンタル出来ます。
これは、ケチらずぜひ借りてください。展示されている解説を読むだけとは、理解度がかなり違って来ます。「なるほど」と思うこと確実です!

私も制作者の端くれとして、女性のアーティストの活躍と人生を目の当りにすると、とても刺激を受けます。「がんばって!」と背中を押してくれている様な、そんな気持ちになれます。開催2日目だからなのか、まだそんなに混雑してなくて、快適に回って鑑賞出来ました。

帰りにギャラリー・ショップであまりのかわいさに目移り。


blair3


blair4


「お財布のヒモを閉める様に!」っと自分に言い聞かせ、キャンディ缶などを2つと、
ポスト・カード5枚で我慢しました。
本当にかわいい。癒されました。良かったらぜひ観に行かれてください。

お薦めです!!








iPad


買っちゃった.....。(^▽^)/
元新聞記者だったCharles Wood氏のサイト「The MusicMissionary」の Japanese Pop Culture を取り上げた記事で、Chiharu MK が取り上げられた様子です.....。

ところでYoung Ladyって書いてあるけど、一体何歳までがYoung Ladyで大丈夫なの?!

The MusicMissionary
Steve Reich Remix Contest

入選ならず.....サイン入り楽譜ゲット出来ませんでした。
残念。

グランプリは、ロックでボーカルが入っているリミックスに(笑)。
ライヒの曲は、ロックやテクノにリミックスするのは逆にかっこ悪いと思ったけど
意外にそういうのが入選してました。

......残念。

応援してくださったみなさん、どうもありがとうございました。
waterproof

waterproof / chiharu mk
(sc-mk-0901)
定価1,890円(税抜価格1,800円)
2009年9月2日 全国発売。

1) waterproof、2)a.N. 、3)panoramic chaos、4)no.4、5)style - r junichi oguro remix、
6)blue cave - inner mind - 、
7)flow http://www.myspace.com/chiharumk

produced by chiharu mk masterded by yoshihiro tsukahara / studio riccio
art direction & design : chiharu mk illustration : martin chik / javatea
01)guitar : yoshihiro tsukahara
05)remixed by : junichi oguro
06)cello : tomoki tai
07)vocal : tomoko shirata



twitter.com/chiharu_mk



iTunes
プロフィール
HN:
chiharu mk
HP:
性別:
女性
職業:
音楽家
自己紹介:
●●●-●●●-●●●-●●●

2001-2002年 国営ラジオフランス内「INA/GRM」にて電子音響音楽を学ぶ+
2002年 MOTUS主催 「FUTURA」にてスピーカー・オーケストラ・システム「アクースモニウム」の演奏法を学ぶ+
「IMEB30周年記念事業」でフランス国立図書館に「Kodama_2nd」が収蔵される+
電子音響音楽の他に、テルミンとのユニット「citron」でライジングサン・ロックフェスティバル2004 in EZOに出演+
2007年アルバム「piano prizm」、2009年「waterproof」をリリース+
ブールジュ国際電子音楽フェスティバル(FR.)、ICMC2010(NY)他に入選+

■MySpace+

■the sixtyone

■PhotoGallery

■Twitter

iTunes


アクセス解析
ADMIN | WRITE

忍者ブログ [PR]
"chiharu mk" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTRY INC.