忍者ブログ
CHIHARU MK'S JOURNAL
1 2 3 4 5 6
[  09/24  [PR]  ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




北大での電子音響音楽のレクチャーライブ、無事終わりました!

聴きに来て下さった方々どうもありがとうございました!

詳細はこちら


PR
私は white perspective (for Chamber Ensemble ,Computer & TapeRecorders)という作品を発表します!
良かったら聴きにいらしてください!



Ars Chamber Ensemble × Hokkaido Composer Association

2012年9月17日(月祝) 13:00開場、13:30開演
会場:札幌市教育文化会館小ホール(北1西13、地下鉄東西線「西11丁目駅」から徒歩5分)
入場料:1000円(市内プレイガイドで発売予定)
後援:札幌市・札幌市教育委員会

曲目

一部<日本の四季>

・早川正昭 バロック風「日本の四季」(全曲)  チェンバロ:近江宏


二部<北海道の四季> (北海道作曲家協会所属の4名の作曲家による新作)

・春: 塚原 義弘     spring
・夏: 中島 真由美   夏の投影
・秋: 杉山 佳寿子   帆かけたる舟
・冬: 向山 千晴     white perspective

指揮:山田 美穂
私は神威岬のフィールドレコーディングで参加します。




◉音遍路(おへんろ)~フィールド・レコーディングの世界
2012年6月2日 17:00〜6月3日 20:00

日時|6月2日(土)&3日(日)17:30開演(17:00開場)  会場|全興寺(大阪市平野区)
料金|各日2000円(各日20名限定) ※SNS割あり!(下部参照)

「音遍路(おへんろ)~フィールド・レコーディングの世界」は、檜垣智也、石上和也の電子音楽の新作に加え、
「神仏のいる場所」をフィールドワークした15名以上のアーティストによるマイクロ・ワークスをアクースモニウムの平野区の全興寺の境内に設置し、大塚勇樹、山下裕美の演奏で上演します。

内容|
第1部:檜垣智也・新作(2日)/石上和也・新作(3日)

第2部:音遍路(おへんろ)~フィールド・レコーディングの世界
参加作家|
新居正教、石上和也、江南泰佐、及川潤耶、大久保雅基、大塚勇樹、かつふじたまこ、炭鎌悠、関光穂、林恭平、檜垣智也、向山千晴、村上あい子、ヴァンサン・ロブフ、渡邊裕美、有馬純寿

録音場所|北海道各所、タイ・バンコク、パリ、レ・ドムブ(フランス)田代島の猫神社・宮城県石巻市、京都府亀岡市、高野山、大阪府箕面市、神戸市北区北鈴蘭台の葬儀場、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂(スペイン)ほか

アクースモニウム|山下裕美、大塚勇樹

トーク|江南泰佐(KBS京都ラジオ「オトダマ・ラジオ」DJ、2日のみ)、有馬純寿(音楽家、2日のみ)、石上和也(3日のみ)、檜垣智也(2&3日)

※6月2日(土)公演終了後、オープニング・パーティ(参加費500円)あり。
----
[[[会場]]]

全興寺 Senkouji
〒547-0044 大阪市平野区平野本町4-12-21
TEL|06-6791-2680
FAX|06-6791-2698
URL|http://www.senkouji.net/
最寄駅|地下鉄谷町線「平野」駅4番出口/JR大和路線「平野」駅南口から徒歩約12分
---
[[[入場料]]]
各日2000円(各日20名程度)

★☆★☆SNSで500円引き!★☆★☆
ツイッターで公式アカウントをフォロー、あるいはファイスブックで該当イベントのシェアあるいは「参加予定」に登録するだけでイベントの入場料が500円引き!受付で携帯電話やスマホなどで該当画面、またはお申し出ください。
公式Twitter ID|KAAG / 公式Facebookページ|Kansai Acousmatic Art Festival

★☆★☆ぜひご予約ください★☆★☆
どのイベントも座席数が少ないため、確実にご覧いただくため、できるだけご予約ください。
---
[[[インフォメーション]]]
ご予約&お問合せ|KAAG(カーグ)事務局
E-Mail|kaag@musicircus.net
公式ホームページ|http://musicircus.net/kaaf2012/
公式Twitter ID|KAAG
公式Facebookページ|Kansai Acousmatic Art Festival

主催|KAAG(関西アクースマティック・アート・グループ)
協力|全興寺、川口良仁、北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ構想、MUSICIRCUS、Push it! Studio
音響技術|大塚勇樹

[  02/19  CCMC2012  ]
2012年2月18日(土)・19日(日)の二日間、東京日仏学院にてCCMC2012が開催されます。

18日に私の作品と、あと北海道からは公募部門で19日に吉田育実さんの作品が発表されます。




21



34


Contemporary Computer Music Concert

マルチ・チャンネル・スピーカー・オーケストラによるアクースモニウム・ライブ
Concert diffusé par l’orchestre des haut-parleurs / Acousmonium-Live

日時:2012年2月18日(土)19日(日)
会場:東京日仏学院エスパス・イマージュ(飯田橋)
主催:東京日仏学院、音と音楽・創作工房116(ACSM116)
協力:ソーケン、MOTUS

2012年2月18日(土)東京日仏学院エスパス・イマージュ
13:30第1部 アクースモニウム・ライブ・コンサート1
成田和子、檜垣智也、長瀬元應、山本雅一

14:30第2部 アクースモニウム・ライブ・コンサート2
葛西聖憲、高野大夢、永野隆満、岡本久、かつふじたまこ

15:30第3部 アクースモニウム・ライブ・コンサート3
泉川獅道、仲條大亮、足本憲治、柴山拓郎

16:30第4部 アクースモニウム・ライブ・コンサート4
菅谷昌弘、森田信一、内藤正典、吉原太郎、向山千晴

休憩

18:00第5部 アクースモニウムのデモンストレーション
講師:檜垣智也
今回のコンサートで使用されるアクースモニウム(吉原太郎氏所有)について、実際の操作をお見せしながら解説します。

18:30第6部 アクースモニウム・ライブ・コンサート5 
FUTURA20周年記念
ドニ・デュフール、ヴァンサン・ロブフ、ギヨーム・コントレ、フィリップ・ルグリネル(演奏:渡辺愛、大塚勇樹)

19:30第7部 アクースモニウム・ライブ・コンサート6 映像特集
宮木朝子、上原和夫(招待作品/演奏:檜垣智也)、中村滋延(招待作品/演奏:檜垣智也)、渡辺愛、由雄正恒(映像:早川貴泰 )

カクテル・パーティー
2012年2月19日(日)東京日仏学院エスパス・イマージュ
15:00第1部 公募入選コンサート1
渡邊麻理果、佐藤亜矢子、木村嵩洋、長田大夢、関光穂

16:00第2部 公募入選コンサート2
一川貴司、山田聡美、佐藤翼、坂野伊和男、山田愛歩

17:00第3部 公募入選コンサート3
大場かおり、宮下芳郎、石川泰昭、静園、新居正教

18:00第4部 公募入選コンサート4
大塚勇樹、大野茉莉、藤城達也、永松ゆか、小林翔子、吉田育実

19:30第5部 2012年度「ACSM116賞」、「MOTUS賞」、「FUTURA賞」の発表と授賞式 
審査委員長:クリスチャン・ザネジ氏 
(作曲家/フランス国立視聴覚研究所音楽研究グループINA-GRMメンバー、ラジオ・フランスの“Festival Pr市ence 四ectronique”監督)
※各賞の発表と講評はフランスと回線を結び行います。

アクースモニウム・ライブ・コンサート7:クリスチャン・ザネジ
“2006, l'aube rouge/2006年、赤い夜明けモ
“Ambiance Matisse/マチスの雰囲気”
“Audiovisages/オーディオヴィザージュ”(映像:REP)
(演奏:檜垣智也)





今年9月に函館に呼んでいただいて、函館山頂上でライブをおこないました。
その時のスタッフのさくらちゃんが、手作りシュトレンと一緒にライブのフォト・ブックを贈ってくれました。

book1


ライブ前日のFMいるか出演から始まり、ライブ終了まで一連がフォト・ブックに納められています。そして応援や実況などの関連ツィートも全て掲載されており、ライブに関して誰がどんなメッセージをツィートしてくださったかなど詳細に記録されています。


book2


セッティング・リハーサル・ゲネプロ・スタッフ準備などマメに撮影していてくれた様子で、このフォト・ブック1冊で全てを思い出すことが出来ます。


book3


book4


book5


book6


掲載したのは、フォト・ブックのほんの一部です。
そして今回、フォト・ブックを製作してくださったのはLive Panoramic Chaosのスタッフの方々です。
函館パワー凄いです。本当に感謝〃です。


book7


最後に「あるコト」に気づいてしまったのですが、言わない方がいいかな....どうしようかな....。実は、実は、.....タイトル間違っています。(爆)
Panoramicのoが抜けています。
表紙が堂々と!(笑)

しかしこれもご愛嬌。「函館 Team Chiharu MK」最高です。


michiko

In a landscape/John Cage

piano: chiharu mukaiyama
dance: michiko watanabe

John Cage 100th Pre-Anniversary

program
https://www.facebook.com/note.php?note_id=338052389543555
John Cage 100th Pre-Anniversary

昨夜無事に終了しました。
聴きに足をお運びくださったみなさま、遠くから応援くださったみなさま、本当にありがとうございました。

初めての事が多く大変でしたが、私自身本当に色々と勉強になりました。
これらプログラム全てが自分が「生まれる」以前に作曲されたということに
驚きと敬意を感じずにはいられません。

プログラムと解説をFacebookのNoteに記載しました。
良かったら読んで見てください。

ではでは。(^_^)

https://www.facebook.com/note.php?note_id=338052389543555
cage

2012年に生誕100周年を迎えるアメリカの前衛作曲家、ジョン・ケージ。
常に「音響」を追求した姿勢に敬意を表した作品演奏会を札幌で開催する。


日時:2011年12月10日(土) 開場:19:00、開演:19:30
会場:札幌大谷学園百周年記念館同窓会ホール(地図)
料金:2,000円

チケット発売:e+ イープラス
2011年10月1日より発売!

J<br />ohn Cage 100th Pre−Anniversary

出演:
小山隼平(ピアノ etc .)
向山千晴(コンピュータ etc .)
前川原雄太(パーカッション)
渡部倫子(コンテンポラリーダンス)

曲目・演目:
A Flower
Radio Music
Suite for Toy Piano


公式HP http://www.studio-cplus.net/cage2011.html
live1

函館山頂上「クレモナ」ホールで開催されたライブ「PANORAMIC CHAOS」

無事終了しました。(^_^)

応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました!


24日ライブの前日23日に車に機材を積み函館へ向かいました。
道中は晴天で格好のドライブ日和。羊蹄山もくっきり見えていましたし、
駒ヶ岳もきれいに見えましたよ!

komagatake

函館に着いてから、FMいるかさんの番組に出演させていただきました。
主催者の三上氏、スタッフのさくら嬢と、ライブへの熱き思いを語らせていただきました。

iruca1

iruca2

夜は三上ご夫妻、スタッフさくら嬢、おこさん達で軽く前祝い。
手ごね寿司ほかをごちそうになりました。美味しかった!

sushi

翌日、朝から車で函館山を上り、機材搬入と設営をおこないました。
高所恐怖症には怖い道のりでした.....。(・・;)

そして函館山頂上観光スポットの脇から楽器を搬入。
ぎりぎりまで車を持って行くのですが、これが恐る恐るでした...。

cremona2


会場に入ると思わず「わ〜っっ!」と声が出ました。
ピアノの横はガラス張りで一面に函館市内と海が一望出来るのです。

cremona

昨夜、雷と豪雨、そして雹が降って凄い天気だったのですが、今朝はからっと快晴。
むしろ昨夜の雨で空気中のチリを全て洗い流してくれたそうで、とても澄んでいて最高の景観です。夜は一面に夜景が広がるはずです!

会場でさっそくマルチチャンネルの設営開始です。

cremona3

cremona4

MoogのPianobarを会場のスタンウェイに装着することが出来て感無量。
調律師さんが何度も触って不思議がられていました。
喜んでもらえた様子で良かった!(笑)

pianobar


スタッフのさくらちゃんがミスドのドーナツを、そして志代さんが湯の川温泉の湯気で発酵させた「温泉パン」を差し入れしてくれました。

onsenpan

そしてお昼は、野外で主催者ONPAの三上氏からの差し入れ、「函館と言えばコレ!」のLucky Pierrotのハンバーガーをスタッフみんなで戴きました。

barger


スタッフも私も、特製「宣材T-Shirts」を着て作業しました。これです!(笑)

T-shirts

そしてナント、エコバック・ヴァージョンもあるのです!

bag

スタッフのみなさん素晴らし過ぎます.....。感謝することしきりです。



会場が少しづつ暗くなってきて、夜景がガラス越しに浮かびあがってきました。

cremona5

yakei


佐々木秀明さんからお預かりした明かりの作品も、きれいに壁に灯っています。

sasakihideaki


こんな素晴らしい作品と素晴らしいシチュエーション、スタッフ、全てが揃った状況で後は自分の音楽を「とにかくやるだけだ!」と思いました。
全てに感謝....という気持になれました。


redbull

live

会場には函館市の方々を始めとして一般の方から友人、知人、恩師まで、札幌、青森、東京などからも聴きに来てくださいました。
会場の方々に心を込めて音楽を届けたいと思い、向き合いました。

終演後、スタッフや友人達と3時過ぎまで打ち上げ!
みんなで盛り上がってお祝いしました。
CDもお客様がたくさん買ってくださいまして、不慣れなサインもしました。
素敵な時間を共有してくれたスタッフや聴きに足を運んでくださった全ての方に感謝しています。本当にありがとうございました!

翌日は、また快晴!
札幌までの最高のドライブ日和となりました。

途中、大沼のケルンというハンバーグ・レストランで、モッツァレラチーズ・ハンバーグにチャレンジ。中々ボリュームある一品でした。

kerun

kerun2

そして道々の景観を堪能しながら、札幌に帰りました。

..........。

あれ?いつものアレがないじゃないですかって??
いえいえ、ちゃんとありますよ!

函館でジェラートを戴きました。
お約束のアレです!(笑)

ice

ice2

*実はピスタチオを頼んだはずが、違うオレンジのが入ってました。
 滑舌が悪いから聞き間違ったのかな?
....意外に小心者なので、まっいっかと思ってそのまま食べました。(笑)
















A4_omote   A4_ura


chiharu mk "panoramic chaos"

piano + 8 speakers live [ now on sale!! ]

Date: Saturday 24th September, 2011
Open: 18:30
Start: 19:00
Fee: adv. 3,500yen / door 4,000yen, (with Ropeway tickets)
Venue: CREMONA HALL (The top of the Mt.Hakodate)
Ticket agency: e+

Organized by onpa (090-5227-4005 Mikami)
Sponsored by YAMAHA(EKB・LM)
Sound System: Tatsuya Yamaguchi, Art : Hideaki Sasaki
Nominal Supported by The City of Hakodate, Hakodate Board of Education, Tan-Rog, FM-Iruka


-------------------
2011年7月6日(水)10:00より発売開始 !!

日時:2011年9月24日(土) 開場18:30、開演19:00
料金:前売り3,500円/当日券4,000円 (ライブと函館山山頂の往復ロープウェイ料金込み)
会場:クレモナホール (函館山山頂)
プレイガイド:イープラス / e+ (PC/携帯 共通)

主催:ONPA(090-5227-4005 三上)
協賛:ヤマハ株式会社 EKB-LM営業部
山口竜也 (サウンドシステムデザイン)・佐々木秀明 (美術)
後援:函館市・函館市教育委員会・Tan-Rog・函館山ロープウェイ(株)FMいるか


*函館に行きます。とても楽しみにしています!
 良かったら、聴きにいらしてくださいね!

 Facebook イベントページ はこちら

waterproof

waterproof / chiharu mk
(sc-mk-0901)
定価1,890円(税抜価格1,800円)
2009年9月2日 全国発売。

1) waterproof、2)a.N. 、3)panoramic chaos、4)no.4、5)style - r junichi oguro remix、
6)blue cave - inner mind - 、
7)flow http://www.myspace.com/chiharumk

produced by chiharu mk masterded by yoshihiro tsukahara / studio riccio
art direction & design : chiharu mk illustration : martin chik / javatea
01)guitar : yoshihiro tsukahara
05)remixed by : junichi oguro
06)cello : tomoki tai
07)vocal : tomoko shirata



twitter.com/chiharu_mk



iTunes
プロフィール
HN:
chiharu mk
HP:
性別:
女性
職業:
音楽家
自己紹介:
●●●-●●●-●●●-●●●

2001-2002年 国営ラジオフランス内「INA/GRM」にて電子音響音楽を学ぶ+
2002年 MOTUS主催 「FUTURA」にてスピーカー・オーケストラ・システム「アクースモニウム」の演奏法を学ぶ+
「IMEB30周年記念事業」でフランス国立図書館に「Kodama_2nd」が収蔵される+
電子音響音楽の他に、テルミンとのユニット「citron」でライジングサン・ロックフェスティバル2004 in EZOに出演+
2007年アルバム「piano prizm」、2009年「waterproof」をリリース+
ブールジュ国際電子音楽フェスティバル(FR.)、ICMC2010(NY)他に入選+

■MySpace+

■the sixtyone

■PhotoGallery

■Twitter

iTunes


アクセス解析
ADMIN | WRITE

忍者ブログ [PR]
"chiharu mk" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTRY INC.