忍者ブログ
CHIHARU MK'S JOURNAL
1 2 3 4 5 6 7
[  09/23  [PR]  ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大島 龍 展「RESONANCE・海と聖母」

101004

■2010年10月1日(金)〜20日(水) 「版と木版画」


イベント

■10月10日(日)トーク 15:00〜
『森とオオカミ』 大島 龍
一部*『オオカミと出逢う』
二部*『ぼくたちの庭には森たちがまっている』
*音響『天地交響』景井雅之
[場所:アルテピアッツァ美唄・体験工房]


■10月16日(土)詩朗読16:00~
レゾナンス・RESONANCE『森と安田侃さんの彫刻を、歩きながら、共振する詩人たち』
*音響『Float』etc. 向山千晴
[場所:アルテピアッツァ美唄・体験工房]


■10月17日(日)トーク15:00~
『森とオオカミⅡ・海の聖母』
Ⅰ部*「神話からの声・日本の狼、世界のオオカミ」
Ⅱ部*「海の聖母」 聞き手・安念智康(ドラマシアターども)
*音響『Dropletz』etc. 向山千晴
[場所:アルテピアッツァ美唄・体験工房]

※イベントに関する問い合わせはアルテピアッツァ美唄(0126-63-3137)伊東まで


WEBはこちら
PR
今回おかげさまで出品者が多かったので、私は出品取りやめました。

ですが、学生の作品も力作揃いでしたし、ゲストの演奏も素晴らしかったので、初の16chコンサートとしては大成功だったのではないかと思います。

協力してくださったみなさま、本当にありがとうございました。


hertz11

hertz12

hertz13

hertz14

hertz15






[  10/03  hertz03  ]
「hertz03-北翔大学サウンドデザインゼミ・フェスティバル」
16chマルチ立体音響システムによる電子音響音楽コンサート


hertz03


2010年10月3日(日)

会場:モエレ沼公園ガラスのピラミッド「アトリウム2F」
札幌市東区モエレ沼公園1-1
開場:17:30 ・ 開演:18:00 ・ 入場料:600円


北翔大学生涯学習システム学部芸術メディア学科
大村美久・小寺詩織・前田 瞳・石垣 亮・越田昌基・小川圭太(OB)・永野貴大(OB)

札幌大谷大学音楽学部作曲専攻
磐井慎祐・佐藤栄介・島翔太朗・長谷部雄・梅田浩太郎(OB)・鈴木悠衣(OG)・田中李佳(OG) 

北海道情報大学メディアデザイン学科メディアデザイン専攻
白川芳大

北海道教育大学教育学部芸術過程芸術文化学科アートマネージメント専攻
佐々木佳奈

北翔大学・札幌大谷大学講師 
向山千晴


特別ゲスト

大阪芸術大学講師 檜垣智也
山梨大学講師 吉原太郎


主催:北翔大学生涯学習システム学部芸術メディア学科サウンドデザインゼミ
協賛:ヤマハ株式会社LM営業部(機材提供) ・ 山口竜也(サウンドシステム協力)
問い合わせ: MAIL: sound-design@live.jp HP:http://sounddesign.blog.shinobi.jp/
電車を乗り継いで到着したそこは、無人駅だった....。

001y

002y

003y

004y

集合時間までちょっと余裕があったので、回りの景観を撮影。ハイキングか登山?のグループがリュック姿で無人駅で缶ジュース休憩をしている。旅行気分で自分もお昼のパンなぞを食べてボ〜ッとしたりする。

それから坂を下って会場へ。
山に囲まれた中間にピラミッドが見える。なんだか秘境に来た感じ。
演奏ステージもピラミッド・パワー全開。

005y

008y

009y

オールナイトで電子音響音楽コンサートが開催されました。
女性作曲家陣は、民家の宿泊所を提供していただきました。
至れり尽くせり。吉原さん、関係者の皆様、ありがとうございました。

そして回りは自然がいっぱい。
山を下って川に降りたりして、癒されました。

006y

007y

010y

011y







富士電子音響芸術祭2010
FUJI acousmatic music festival

poster


芸術監督:吉原太郎

会場:ピラミッドメディテーションセンター
〒409-0503 山梨県大月市梁川町綱の上福徳1113

入場料3000円(webからの事前予約のみ)
*当日券はございません。
*人数に達し次第予約受付は終了とさせて頂きます。

http://www.spacevision.biz/faf/index.html

開催期日:2010年9月18(土)- 19(日)
18日17:00~オープニングパーティー
18日19:00開演
19日10:00終演

*本公演はオールナイト公演となります。

出演:
足本憲治(国立音楽大学講師)
生形三郎(東京芸術大学大学院修了・作曲家)
柴山拓郎(東京電機大学講師)
高野大夢(山梨大学大学院)
仲條大亮(国際基督教大学アジア文化研究所准研究員)
成田和子(同志社女子大学教授)
宮木朝子(洗足学園音楽大学講師)
向山千晴(北翔大学講師・札幌大谷大学講師)
山本雅一(山梨大学講師)
由雄正恒(昭和音楽大学講師)
吉原太郎(山梨大学講師)

空間デザイン:土井康央
撮影:奥山和洋
後援:エフエム甲府、大正寺、テレビ山梨、日本電子音楽協会、山梨放送、山梨日日新聞社、宿ホトリニテ
協賛:株式会社ソーケン、YARD WORKS、ACSPD文化芸術支援事業推進室
企画・制作:SPACE VISION
制作協力:PARMARK STUDIO、APACHE ELECTRO、SPIRITUAL SOUND PROJECT
出店:cafe deux(bar)、マザーアース(food)、itah-chai(chai)
DROPLETS/chiharu mk

ICMC2010入選Mixが再演されます。

Grey Matter Books


The 360 degrees of 60x60 Crimson Mix(ICMC)
will be performed in Western Massachusetts
on July 14th, 8:00 PM at Grey Matter Books in Hadley,
Massachusetts.


Grey Matter Books2



60x60 Crimson Mix
July 14th, 8:00 PM
Grey Matter Books
47 East Street
Hadley, MA 01035
http://www.greymatterbookstore.com/
Free Admission

DROPLETS/ chiharu mk

ICMC2010入選Mixが再演されます。

TCAC


The 360 degrees of 60x60 Crimson Mix(ICMC)
will be performed in Taipei, Taiwan
on July 8th, at Taipei Contemporary Art Center,
Taiwan.


60x60 Crimson Mix
July 8th,
Taipei Contemporary Art Center
160-6, Yanping S. Road,
10042 Taipei,
Taiwan 10042
http://www.tcac.tw/
関西アクースマティック・アート・フェスティバル 2010
KANSAI ACOUSMATIC ART FESTIVAL 2010
〜映画のような音・音楽のような音〜

kaaf

日時:2010年5月29日(土)~7月12日(月)

会場:全興寺(大阪市平野区)、エーボン(大阪市東住吉区)、カタカムナ(神戸市灘区)、CLUB Q2(神戸市灘区)


フェスティバル期間中、「StudioC+」を取り上げてくれるそうです!


KAAF01


プログラムPDF 0102


料金:
プログラムA, B, 1プログラム 2,500円
5月29日(土)、31日(日)@全興寺

プログラムC, D, E 1プログラム 1,500円+1ドリンク
6月4日(金)、5日(土)、6日(日)@エーボン

プログラムF, I 1プログラム 1,000円+1ドリンク
6月14日(月)、7月12日(月)@カタカムナ

プログラムG, H 1プログラム 2,000円
7月3日(土)、4日(日)@CLUB Q2

全公演フリーパス 9,000円(ドリンク別)
4公演分のクーポン券 4,500円(ドリンク別)

ご予約:
KAAG(カーグ)事務局
ご予約の際、日にちとプログラム番号と人数をお知らせください。
E-mail kaag[at]musicircus.net
※[at]を@に書き換えてお送りください。
FAX 0745-78-0032

http://www.musicircus.net/kaaf2010/

---------------------------
プログラム詳細はこちら


■プログラムG [アクースマティック&映像& ライブ・パフォーマンス]
METAcousma
7月3日(土)18:00開演@CLUB Q2(神戸市中央区)

■プログラムH [アクースマティック&映像&ライブ・パフォーマンス]
METAcousma
7月4日(日)16:00開演@CLUB Q2(神戸市中央区)

**プログラム期間、上記プログラムG/H METAcousmaにおいて、
将来を嘱望される若いアクースマティック・アーティストのプログラムと共に
Studio C+とTe Pito Recordsの作品がアクースモニウムで上演されます。
(アクースモニウム:竹下士敦、大塚勇樹)
前日は夕方に札幌を出発し、お宿で1泊して翌朝演奏会場に入りました。


1

2

3

なんと客席いっぱいに、幼稚園・保育園・乳幼児と先生・お母さん達。
俄然、やる気が漲りました。

演奏会は無事終了。
子供達も関係者の方々も、大変楽しかったと喜んでくれました。

そして気分上々の主催者社長は、帰りに私達をお土産屋さんへ連れて行ってくれました。
お土産屋さんにはツブを大量に茹でたザルがあって、好きなだけ試食していいと言われましたよ(笑)。
もちろん試食したツブは買って帰りました。そして外には干物がメリーゴーランドの様な機械で高速回転していました。なんだか不思議な光景でした。


4

5

上機嫌の社長は、さらに増毛町に寄って、北海道最北の酒造「国稀」に連れて行ってくれました。
私は札幌から帰り車なので、試飲出来なかったのですが、そこは試飲天国でした。(笑)

6

7

8

9


コンサートも無事終了し、帰りに観光まで出来てとても楽しかったです。
御世話になった皆様ありがとうございました。
そして出演者・演奏者の方々、社長、スタッフのTくん、音響さん、会場のスタッフさん、
コンサートを聴きに来てくださったちびっ子のみんな、先生、お母さん方、そして宿泊先の宿のみなさん。

とにかく本当にどうもありがとうございました。

10

お土産は、酒造「国稀」の酒まんじゅうと、お酒。
試飲出来なかった分、家でチビチビやってみたいと思います。(笑)





子供の為のコンサートのリハーサル終了。

語りの方と演奏者と映像のコンサート。
リハには急遽、音響会社さんも入ってくれました。
しかも旧知のY下氏の会社。助かりました。

演奏は色々まだ問題ありだけど、本番までには完璧にします!
ってことで、演奏者と語りさんだけで、もう1度リハーサルをすることとなりました。

まあ私達がしっかりすれば、演目は問題なし!(笑)


etude1


etude2




waterproof

waterproof / chiharu mk
(sc-mk-0901)
定価1,890円(税抜価格1,800円)
2009年9月2日 全国発売。

1) waterproof、2)a.N. 、3)panoramic chaos、4)no.4、5)style - r junichi oguro remix、
6)blue cave - inner mind - 、
7)flow http://www.myspace.com/chiharumk

produced by chiharu mk masterded by yoshihiro tsukahara / studio riccio
art direction & design : chiharu mk illustration : martin chik / javatea
01)guitar : yoshihiro tsukahara
05)remixed by : junichi oguro
06)cello : tomoki tai
07)vocal : tomoko shirata



twitter.com/chiharu_mk



iTunes
プロフィール
HN:
chiharu mk
HP:
性別:
女性
職業:
音楽家
自己紹介:
●●●-●●●-●●●-●●●

2001-2002年 国営ラジオフランス内「INA/GRM」にて電子音響音楽を学ぶ+
2002年 MOTUS主催 「FUTURA」にてスピーカー・オーケストラ・システム「アクースモニウム」の演奏法を学ぶ+
「IMEB30周年記念事業」でフランス国立図書館に「Kodama_2nd」が収蔵される+
電子音響音楽の他に、テルミンとのユニット「citron」でライジングサン・ロックフェスティバル2004 in EZOに出演+
2007年アルバム「piano prizm」、2009年「waterproof」をリリース+
ブールジュ国際電子音楽フェスティバル(FR.)、ICMC2010(NY)他に入選+

■MySpace+

■the sixtyone

■PhotoGallery

■Twitter

iTunes


アクセス解析
ADMIN | WRITE

忍者ブログ [PR]
"chiharu mk" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTRY INC.