忍者ブログ
CHIHARU MK'S JOURNAL
1 2 3 4 5 6
[  11/24  [PR]  ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログをお引っ越しします。
今までのはこちらにそのまま。
2014年2月分からはこちらへ。
どうぞよろしくお願い致します!

https://chiharumk.jux.com/
PR

「アートにハート♡ 冬のワンダー☆ミュージアム2014」北海道立近代美術館
Winter Wonder Museum 2014 [Hokkaido Museum of Modern Art]



2013.12.7(sat.)〜2014.1.19(sun.) 9:30〜17:00
一般600(440)円、高大生350(230)円、小中200(100)円
( )は前売り及び10名以上の団体、リピーター料金。


私は 「サウンド ・インスタレーション」作品を展示しています!

2014年1月18日(土) 14時からアーティスト・トーク開催予定です。

冬休み特別企画です。ぜひ友人や家族連れで来てください!

http://www.aurora-net.or.jp/art/dokinbi/exhi/special/13/winter.html

2012年に誘っていただいたKAAF『音遍路』プロジェクトが フランスのWebラジオ「webSYNradio」(Dominique Balaÿ)で 14日の木曜日から2週間(11月14日/Thu/14時 〜 11月28日/Wed/14時、仏時間) 限定公開されるそうです。

実は、この中で参加した私の作品は、後にリリースした「blue flow」の前身となったものです。

サイト内の「websynradio stream」下の▶の再生ボタンで聴けます。 またiTunesでもPodCastとして聴けます。

http://droitdecites.org/2013/11/09/tomonari-higaki-sur-websynradio-14-28-novembre/

音遍路(おへんろ)~フィールド・レコーディングの世界

1.有馬純寿 2.渡邊裕美 3.山田あい子 4.檜垣智也 5.関光穂 6.江南泰佐 7.大塚勇樹 8.かつふじたまこ 9.新居正教 10.林恭平 11.向山千晴 12.大久保雅基 13.炭鎌悠 14.石上和也 15.ヴァンサン・ロブフ 16.及川潤耶



2013年1月にリリースしたアルバム「blue flow」のライブ・ツアーを行います。

良かったら生で聴いてみませんか!?

[ライブ・日程]

06.15 小樽    ・小樽能楽堂  HP
06.16 苫小牧・樽前     HP
06.22 札幌    ・北海道大学  HP
08.03 愛媛    ・松山     HP
11.01 横浜    ・三渓園1day
11.02 横浜    ・三渓園2days
11.03 横浜    ・三渓園3days

[chiharu mk ・ソロライブ・日程]

07.27 置戸町・OKETO Contemporary ART Act2 HP
置戸町で「OKETO Contemporary ART Act2」を開催します。

実はこのお話をいただくまで「置戸町」が何処にあるのか良く知りませんでした....。(汗)

ですが、呼ばれるという事は「ご縁」があるに違いありません。

今回は、サウンド・インスタレーション作品の展示と、ライブがあります。
ぜひ可能な方、聴きにいらしてください!










北大での電子音響音楽のレクチャーライブ、無事終わりました!

聴きに来て下さった方々どうもありがとうございました!

詳細はこちら


北海道・置戸町へ行って来ました。
行きは足寄経由で向かいました。




置戸町のカントリーサインが何の絵なのか良くわからず「?」のまま撮影。
町に入ってから、それが「木のお椀」であるという事が判明しました。
置戸町は木工芸が盛んな町なのだそうです。


そして見渡す限りの小麦畑。ビールの材料になるのでしょうか?




美しい「色彩」の景観が連なっていました。
畑や牧場が広がっています。


町役場の近くで、町内放送がスピーカーから流れていました。
電柱にスピーカーが設営されていてそこから町のニュースが流れる光景。
なんだかとても新鮮でした。






鹿ノ子ダムに行ってみました。
平日ということもあって、私の車以外走っていません....。
鹿ノ子ダムに行く道すがら、道路の両サイドは密林で若干日差しも陰って暗い。
携帯の電波も届かない....。
このまま車が故障したら遭難するのではという恐怖が襲ってくる。
自然の脅威というのを車を走らせながらゾゾゾと実感する瞬間。

坂になり上向し始める。ゴールが近づくと空が広がって明るくなった。
到着すると施設が見え、車も数台停まっており作業している関係者が数名遠巻きに見える。
「地の果て」の様に思えても、道路がある所必ず「人」がいて、そして人々の生活の為に色々な仕事をしている。普段考えもしない様々な仕事をそれぞれが担っており、それで私たちの日々平穏な暮らしが成り立っている。
そういうことをフと実感する瞬間だ。
マイクスタンドを持ってふらふらダムに近づく怪しい女を、彼らは不思議な様子で見ている。



自然と共に暮らしているといったって、こうやって人が管理をして調整されている中で暮らしているのだ。
「水」1つとっても、勝手に蛇口から流れ出たりはしないものね....。

SD164_h1_top2-211x300.jpg























雑誌「ストレンジ・デイズ」7月号のコンテンポラリー・ミュージックのページで、
評論家の小沼純一さんが「波紋音」について記述されているのですが、
その中でアルバム「blue flow」の事も取り上げて書いてくださっています。
ありがたいです。
現在本屋さんで購入出来ますよ。
ぜひぜひ読んでみてください!
unsorted books(アンソーテッドブックス)さんが「blue flow」のレビュー掲載してくださいました。
下記リンクから読むことが出来ます!

unsorted books こちらから



南米チリのwebzine「LOOP」のインタビューが掲載されています。
「blue flow」の制作過程について説明しています。
良かったら読んでみてください!

Loop こちらから



waterproof

waterproof / chiharu mk
(sc-mk-0901)
定価1,890円(税抜価格1,800円)
2009年9月2日 全国発売。

1) waterproof、2)a.N. 、3)panoramic chaos、4)no.4、5)style - r junichi oguro remix、
6)blue cave - inner mind - 、
7)flow http://www.myspace.com/chiharumk

produced by chiharu mk masterded by yoshihiro tsukahara / studio riccio
art direction & design : chiharu mk illustration : martin chik / javatea
01)guitar : yoshihiro tsukahara
05)remixed by : junichi oguro
06)cello : tomoki tai
07)vocal : tomoko shirata



twitter.com/chiharu_mk



iTunes
プロフィール
HN:
chiharu mk
HP:
性別:
女性
職業:
音楽家
自己紹介:
●●●-●●●-●●●-●●●

2001-2002年 国営ラジオフランス内「INA/GRM」にて電子音響音楽を学ぶ+
2002年 MOTUS主催 「FUTURA」にてスピーカー・オーケストラ・システム「アクースモニウム」の演奏法を学ぶ+
「IMEB30周年記念事業」でフランス国立図書館に「Kodama_2nd」が収蔵される+
電子音響音楽の他に、テルミンとのユニット「citron」でライジングサン・ロックフェスティバル2004 in EZOに出演+
2007年アルバム「piano prizm」、2009年「waterproof」をリリース+
ブールジュ国際電子音楽フェスティバル(FR.)、ICMC2010(NY)他に入選+

■MySpace+

■the sixtyone

■PhotoGallery

■Twitter

iTunes


アクセス解析
ADMIN | WRITE

忍者ブログ [PR]
"chiharu mk" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTRY INC.