忍者ブログ
CHIHARU MK'S JOURNAL
1 2 3 4 5 6 7 8
[  09/23  [PR]  ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は white perspective (for Chamber Ensemble ,Computer & TapeRecorders)という作品を発表します!
良かったら聴きにいらしてください!



Ars Chamber Ensemble × Hokkaido Composer Association

2012年9月17日(月祝) 13:00開場、13:30開演
会場:札幌市教育文化会館小ホール(北1西13、地下鉄東西線「西11丁目駅」から徒歩5分)
入場料:1000円(市内プレイガイドで発売予定)
後援:札幌市・札幌市教育委員会

曲目

一部<日本の四季>

・早川正昭 バロック風「日本の四季」(全曲)  チェンバロ:近江宏


二部<北海道の四季> (北海道作曲家協会所属の4名の作曲家による新作)

・春: 塚原 義弘     spring
・夏: 中島 真由美   夏の投影
・秋: 杉山 佳寿子   帆かけたる舟
・冬: 向山 千晴     white perspective

指揮:山田 美穂
PR
2012年8月23日(木)新潟のFM局 FM KENTO 17:45~

「DIG THE REAL」という番組内のコーナー 「リスニングアート 耳で楽しむ芸術祭」でインタビューに答える形で出演しています。

ネットだと [ こちら ] から聴けます。

iPhoneだと「Radio.jp」というアプリで聴けるみたいです。

お時間あったら、ぜひ聴いてみてください!
本番の写真をやっといただいたのでUpしますね。









blue flow -波紋音と電子音響音楽の世界-

無事終了しました。
電子音響と波紋音、全く異なる共演でしたが、とても合っていて心地良かったという
感想頂きました。良かった.....。バランスが心配でしたが、本番が一番上手く行った様な気がします。
とにかく、たくさんの人たちのご協力によって実現したライブでした。



現在は力が抜けてしまっている状態です.....。
ですがこの後、サウンド・インスタレーション、弦楽アンサンブルとのコラボ、など続きますので、また気持ちを引き締めてがんばります。

ハイドロフォンを使用した、インプロ・パフォーマンスは何とか上手くいきました。
水滴の落ちる位置やタイミング、音色など、リハの際に一苦労しましたが、本番は上手くいきました。
良かった良かった。






blue flow ー 波紋音と電子音響音楽の世界  for hamon & acousmatic Music

波紋音奏者 永田砂知子と電子音響音楽家 chiharu mkによるコラボレーション・ライブ。
マルチチャンネル・スピーカーによる電子音響音楽と、波紋音の音色が札幌のモエレ沼公園・ガラスのピラミッド会場に広がる。


日時:2012年6月17日(日)  開場18:30 開演19:00

会場:モエレ沼公園ガラスのピラミッド2F(札幌市東区モエレ沼公園1-1)

料金:前売2,500円 当日3,000円

販売:e+ イープラス ( http://eplus.jp/ )


blue flow

コンサートチラシPDF

公式HP: http://www.studio-cplus.net/blue_flow.html

[出演]


永田砂知子:パーカッション奏者 即興演奏家

東京藝術大学打楽器科卒業 
クラシックのパーカッション 奏者としてキャリアを積むが、90年代から、即興演奏によりボーダレスな世界で活動を始める。
93年 Derek Bailey「COMPAGNY」、94年John Zone「COBRA」、98年Butch Morris「CONDUCTION」1ヶ月間の全米ツ アーなど、様々なセッションに参加。
97年 鉄のスリットドラム・波紋音(はもん)に出会い 以後、波紋音を中心に国内外でソロあるいは、ダンス・舞 踏・地唄舞・語り・花・書・などとコラボレーションして いる。
2010アルテピアッツァ美唄にて自主企画「レゾナンス 」(舞踏・竹内実花)開催。

http://www.nagatasachiko.com/


chiharu mk:電子音響音楽家 作曲家

フランス「INA/ GRM」にて電子音響音楽を、MOTUS「FUTURA」 にてアクースモニウムを学ぶ。
2007年「piano prizm」、2009年「waterproof」をリリース。
ブールジュ国際電子音楽フェスティバル、ICM C2010 国際コンピュータ・ミュージック・カンファ レンス2010 in NYなどに出品。
Nina Fisher & Maroan el Sani「Snow Division」、ファッションブランド「sunaokuwahara」2010年春夏などの音楽を担当 ほか。
2009年「SnowScape Moere IV-Traveller-深白の記憶へ-」、 2011年「John Cage 100th Pre-Anniversary」出演。

http://www.studio-cplus.net/



主催:StudioC+ (011-771-0809)
協賛:ヤマハ株式会社 LM営業部東日本営業所
システムデザイン:山口竜也
空間演出:いけばな(草月流)石田尚子
名義後援:北海道作曲家協会


2012年6月16日(土) 19:00〜20:00
永田砂知子 × chiharu mk トークショー「blue flow 波紋音と電子音響の世界」
Apple Store,Sapporo札幌市中央区南一条西3-8-20
QB 札幌 011-209-8200
入場無料。

パーカッション奏者の永田砂知子氏と電子音響音楽家のchiharu mk氏によるトークショーです。
テーマは、不思議な鉄のスリッドドラム「波紋音」とマルチチャンネル電子音響音楽の世界について。
6月17日にモエレ沼公園・ガラスのピラミッドでコンサートを行うお2人が、実際の演奏を交えながら語り合います。
波紋音と電子音響音楽の共演という新しい試みに、ぜひご注目ください。

永田さんが道内上陸されました。
そしてゼミ室に遊びにいらして、洞爺のパン屋さん「ラムヤート」のパンを
お土産にくださいました。
学生とわけて食べました。美味しかった!!

[  06/09  道新!  ]
今日、6月9日の北海道新聞の夕刊に掲載されましたよ!
まだ間に合います。
ぜひ聴きに来てくださいね〜!

私は神威岬のフィールドレコーディングで参加します。




◉音遍路(おへんろ)~フィールド・レコーディングの世界
2012年6月2日 17:00〜6月3日 20:00

日時|6月2日(土)&3日(日)17:30開演(17:00開場)  会場|全興寺(大阪市平野区)
料金|各日2000円(各日20名限定) ※SNS割あり!(下部参照)

「音遍路(おへんろ)~フィールド・レコーディングの世界」は、檜垣智也、石上和也の電子音楽の新作に加え、
「神仏のいる場所」をフィールドワークした15名以上のアーティストによるマイクロ・ワークスをアクースモニウムの平野区の全興寺の境内に設置し、大塚勇樹、山下裕美の演奏で上演します。

内容|
第1部:檜垣智也・新作(2日)/石上和也・新作(3日)

第2部:音遍路(おへんろ)~フィールド・レコーディングの世界
参加作家|
新居正教、石上和也、江南泰佐、及川潤耶、大久保雅基、大塚勇樹、かつふじたまこ、炭鎌悠、関光穂、林恭平、檜垣智也、向山千晴、村上あい子、ヴァンサン・ロブフ、渡邊裕美、有馬純寿

録音場所|北海道各所、タイ・バンコク、パリ、レ・ドムブ(フランス)田代島の猫神社・宮城県石巻市、京都府亀岡市、高野山、大阪府箕面市、神戸市北区北鈴蘭台の葬儀場、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂(スペイン)ほか

アクースモニウム|山下裕美、大塚勇樹

トーク|江南泰佐(KBS京都ラジオ「オトダマ・ラジオ」DJ、2日のみ)、有馬純寿(音楽家、2日のみ)、石上和也(3日のみ)、檜垣智也(2&3日)

※6月2日(土)公演終了後、オープニング・パーティ(参加費500円)あり。
----
[[[会場]]]

全興寺 Senkouji
〒547-0044 大阪市平野区平野本町4-12-21
TEL|06-6791-2680
FAX|06-6791-2698
URL|http://www.senkouji.net/
最寄駅|地下鉄谷町線「平野」駅4番出口/JR大和路線「平野」駅南口から徒歩約12分
---
[[[入場料]]]
各日2000円(各日20名程度)

★☆★☆SNSで500円引き!★☆★☆
ツイッターで公式アカウントをフォロー、あるいはファイスブックで該当イベントのシェアあるいは「参加予定」に登録するだけでイベントの入場料が500円引き!受付で携帯電話やスマホなどで該当画面、またはお申し出ください。
公式Twitter ID|KAAG / 公式Facebookページ|Kansai Acousmatic Art Festival

★☆★☆ぜひご予約ください★☆★☆
どのイベントも座席数が少ないため、確実にご覧いただくため、できるだけご予約ください。
---
[[[インフォメーション]]]
ご予約&お問合せ|KAAG(カーグ)事務局
E-Mail|kaag@musicircus.net
公式ホームページ|http://musicircus.net/kaaf2012/
公式Twitter ID|KAAG
公式Facebookページ|Kansai Acousmatic Art Festival

主催|KAAG(関西アクースマティック・アート・グループ)
協力|全興寺、川口良仁、北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ構想、MUSICIRCUS、Push it! Studio
音響技術|大塚勇樹

blue flow liveで私が使用するブツが届きました。
このままではなく、ひと細工して使います。
さてどうなるのでしょう?

ぜひ聴きにいらして、その「目」でご確認ください! (^_^)

waterproof

waterproof / chiharu mk
(sc-mk-0901)
定価1,890円(税抜価格1,800円)
2009年9月2日 全国発売。

1) waterproof、2)a.N. 、3)panoramic chaos、4)no.4、5)style - r junichi oguro remix、
6)blue cave - inner mind - 、
7)flow http://www.myspace.com/chiharumk

produced by chiharu mk masterded by yoshihiro tsukahara / studio riccio
art direction & design : chiharu mk illustration : martin chik / javatea
01)guitar : yoshihiro tsukahara
05)remixed by : junichi oguro
06)cello : tomoki tai
07)vocal : tomoko shirata



twitter.com/chiharu_mk



iTunes
プロフィール
HN:
chiharu mk
HP:
性別:
女性
職業:
音楽家
自己紹介:
●●●-●●●-●●●-●●●

2001-2002年 国営ラジオフランス内「INA/GRM」にて電子音響音楽を学ぶ+
2002年 MOTUS主催 「FUTURA」にてスピーカー・オーケストラ・システム「アクースモニウム」の演奏法を学ぶ+
「IMEB30周年記念事業」でフランス国立図書館に「Kodama_2nd」が収蔵される+
電子音響音楽の他に、テルミンとのユニット「citron」でライジングサン・ロックフェスティバル2004 in EZOに出演+
2007年アルバム「piano prizm」、2009年「waterproof」をリリース+
ブールジュ国際電子音楽フェスティバル(FR.)、ICMC2010(NY)他に入選+

■MySpace+

■the sixtyone

■PhotoGallery

■Twitter

iTunes


アクセス解析
ADMIN | WRITE

忍者ブログ [PR]
"chiharu mk" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTRY INC.