忍者ブログ
CHIHARU MK'S JOURNAL
3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
[  10/14  [PR]  ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友人のさくらちゃんから、手作りのシュトレンとケーキが送られて来ました。
わざわざ作って函館から送ってくれました。
そして全て手書きの、素敵なX'mas Cardも添えてありました。
本当にどうもありがとう。

card


シュトレンとケーキを味見してみましたが、とっても美味しいです。
最高のX'masになりそうです。本当にありがとう!!(^_^)


シュトレン


cake




PR
昨夜の忘年会は、イタリア・ワイン専門店「CANTINETTA SALÙS」に
連れて行ってもらいました。

手始めはスパークリング・ワインでグラスでBOTTEGA・GOLD。
そう、妹がX'masプレゼントに送ってくれたのと同じモノです。
やっぱり美味しかった。

その後は、グラスで赤を2種類ほど飲み、最後にドーンと1万円超えのあのお方
スーパー トスカーナこと「BARONE RICASOLI/Casalferro 2005」
バローネ・リカーゾリ/カザルフェッロ2005です。


カザルフェッロ

Vini d’Italia 2009 : トレ・ビッキエーリを獲得したワインなのだそうです。
後で調べてみたら、1800年代に「鉄の男爵」と称されたブロリオ城の当主、ベッティー・リカーゾリ男爵が、研究の結果、キャンティワインの始まりとなるワインを考え出したのだそうです。そして子孫がリカーゾリ家のワインを受け継いでいるのだそうです。フラッグシップはキャンティとのことですが、カザルフェッロも私にとっては「ありがたい」逸品でした。


pizza


年末にとってもいい思いをしました。
しあわせでした〜〜。




card


妹夫婦に、一足早いX'masプレゼントを送りました。

先日、ミュンヘン・クリスマス市で購入した、ヨーロッパ製の木で出来たX'masツリーとかわいいX'mas仕様のお菓子の詰め合わせ。

そうしたら今日、お返しにイタリア BOTTEGA ALEXANDERの「VINO DEI POETI SPUMANTE GOLD 」とX'mas Cardが届きました。
スパークリング・ワインなんて久しぶり。うれしい。
家族で楽しんで飲みました。

そして気持良く酔えました。ありがとう、妹&たかちゃん!!


BOTTEGA GOLD

昼間、「ノルウェイの森」を観て来た。

というか映画を観るのは、ひとつの仕事のうちだと思っているけれども
いや、とか言いつつもやっぱり道楽で観ている感じが強いかも.....。

なんだか前半入り込めなくて、あ〜このまま最後までつまんないのかな....
っと思ったら段々集中して後半はしっかりハマりました。

ですが、やはりこの感覚とか感性は、19〜20歳の多感な青春期の鋭いアレで、
どうしておじさんの村上春樹にこれが書けるのか、不思議です。

自分も以前は持っていたであろう不安定で危なかしい、そして敏感で繊細なあの頃の感覚を
今は、うすらぼんやりとだけ感じる......という鈍さに気づいてしまった感が否めない。
今でも十分に不完全で不安定だ....という突っ込みが聞こえてきそうだけれども。

映像は本当に美しい。そして音楽が良い。
レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドはやはり凄い人なのだ。
ギターの曲以上に、弦の曲が凄い。
オーケストラが紡ぐ音響世界が素晴らしい。

私が以前作った、チェロと電子音響の作品と、響きというか音響の世界感が似ている気がする。
でも自分の作品は誰からも全然注目されてないのだけれど....(笑)。

いや、やはり彼は凄いのだ!

ということでサントラを買うことにしました。
maegawara

今日、大学の講義終了後、卒業生のMくんが尋ねて来ました。
3月に卒業した以来なので本当にひさしぶり。
「元気? 今日は大学に用事だったの?」と聞くと

「いえ、先生に会いに来たんです。」とのこと。

来校証明書を首からぶら下げているその姿に、感動。
涙、おろろ〜〜んです。(T T)

何でも今働いている仕事が、「この講義が役に立っています。」とのこと。
私、何もしてませんよ〜。殆ど学生の好きな様に作らせて、わからない時だけ聞いてくれってな「放置プレイ」だったんですが.....。こちとら単純なので、とっても嬉しかったです。

どうもありがとう。これからもがんばって!

USTREAMで生中継配信された、宇多田ヒカル コンサート「WILD LIFE」を観ました。

hikaru

宇多田ヒカルちゃんの曲ってテレビやラジオで流れてきたら聴くという程度で
実はCDとか買ったことなかったのですが、彼女の活動休止前のライブということで
Ust配信を観てみることにしました。

最初はちょっとハイトーンが辛そうにも見えたのですが、徐々にノッてきて、声も伸びが出て良い感じに。配信環境もはじめは繋がらなかったり途切れたりしてましたが後半は安定して最後までじっくり楽しむことが出来ました。

UstのメインサイトとiPhoneなど推奨のサブサイトの二カ所から配信されていましたが、メインが最高62,421人、サブは33,451人、計95,902人が、WEBで彼女のライブを観賞したことになるんですね。いやはやすごい時代になったものですね。

そして照明やセット、バックバンドの機材や演奏など、エンターテーメントの神髄を堪能出来ました。ヒカルちゃん、どうもありがとう。
Steve Reich Remix Contest

入選ならず.....サイン入り楽譜ゲット出来ませんでした。
残念。

グランプリは、ロックでボーカルが入っているリミックスに(笑)。
ライヒの曲は、ロックやテクノにリミックスするのは逆にかっこ悪いと思ったけど
意外にそういうのが入選してました。

......残念。

応援してくださったみなさん、どうもありがとうございました。
今日、用事を足したついでにスタバに寄ってみました。

X'mas 恒例のスタバ・グッズは、VIAのクリスマス・ブレンドと
ツリー型缶入りチョコレートなどなど。

毎年スタバで、小さなクリスマス・グッズを購入して満足しています。


starba


DROPLETS/ chiharu mk

私の作品「DROPLETS」が入っているICMC2010入選Mixが
メキシコの「Art Center Library」で60X60 IMAGESと一緒に再演されます。


artcenter


60x60 Crimson mix & 60X60 IMAGES

From November 22nd to the December 3rd 14:00 to 20:00
Art Center Library
San Luis Potosí, México.
Free admission
DROPLETS/ chiharu mk

私の作品「DROPLETS」が入っているICMC2010入選Mixが
トロントの「ミュージック・ギャラリー」で、Danceとのコラボレーションにより再演されます。


mg


November20, 2010
60x60 Dance (Crimson Mix)
The Music Gallery
Toronto, Ontario, Canada
waterproof

waterproof / chiharu mk
(sc-mk-0901)
定価1,890円(税抜価格1,800円)
2009年9月2日 全国発売。

1) waterproof、2)a.N. 、3)panoramic chaos、4)no.4、5)style - r junichi oguro remix、
6)blue cave - inner mind - 、
7)flow http://www.myspace.com/chiharumk

produced by chiharu mk masterded by yoshihiro tsukahara / studio riccio
art direction & design : chiharu mk illustration : martin chik / javatea
01)guitar : yoshihiro tsukahara
05)remixed by : junichi oguro
06)cello : tomoki tai
07)vocal : tomoko shirata



twitter.com/chiharu_mk



iTunes
プロフィール
HN:
chiharu mk
HP:
性別:
女性
職業:
音楽家
自己紹介:
●●●-●●●-●●●-●●●

2001-2002年 国営ラジオフランス内「INA/GRM」にて電子音響音楽を学ぶ+
2002年 MOTUS主催 「FUTURA」にてスピーカー・オーケストラ・システム「アクースモニウム」の演奏法を学ぶ+
「IMEB30周年記念事業」でフランス国立図書館に「Kodama_2nd」が収蔵される+
電子音響音楽の他に、テルミンとのユニット「citron」でライジングサン・ロックフェスティバル2004 in EZOに出演+
2007年アルバム「piano prizm」、2009年「waterproof」をリリース+
ブールジュ国際電子音楽フェスティバル(FR.)、ICMC2010(NY)他に入選+

■MySpace+

■the sixtyone

■PhotoGallery

■Twitter

iTunes


アクセス解析
ADMIN | WRITE

忍者ブログ [PR]
"chiharu mk" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTRY INC.