忍者ブログ
CHIHARU MK'S JOURNAL
5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
[  10/14  [PR]  ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


新宿編でwaterproofをBGMに使ってもらっていました。
大好きなタモリさんと、間接コラボ。すごく嬉しかったです。

-----------------------------------

tamori

ブラタモリ(第2シリーズ) 

第3回 新宿で水道をたずねてブラタモリ
(2010年10月21日放送)

ゲスト : 栩木真 、谷口元
司会 : タモリ 、久保田祐佳
語り(語り手) : 戸田恵子

タモリさんが独自の目線で街歩き。水道をテーマに新宿を巡ります。江戸の水道網の名残りや、巨大浄水場や給水所など、普段目にしない水道施設を紹介します。【ゲスト】新宿区役所・栩木真,水道局OB・谷口元【司会】タモリ,久保田祐佳【語り】戸田恵子

10月21日(木)22:15放送
(C)NHK
PR
nina_maro


知り合いの作品などをYouTubeでボ〜ッと観ていて「あっそういえば。」と思い出した。
映像がありましたよ、確か。
3月におこなわれた「Colored Music」というタイトルのコンサートで、映像作家と作曲家がコラボするという企画。

ドイツのニナマロさん(Nina Fisher & Maroan el Sani)の作品に音楽をつけさせていただいた物がありました。

「White Noise / snow division」(2010)

ニナマロさんも快くOKをくださったので、YouTubeにUPしてみました。

これは撮影が冬の年明けで、それから編集して作曲して演奏して3月のコンサートに間に合わせた作品。

国防の自衛隊が遠い所から雪を運んで大勢で日数をかけて制作する雪像。しかも永久保存は無理で数日ですぐ壊してしまう....。そして作っている対象は絶滅危惧種の北極グマなど....。
そういった作業風景を不可思議に見守る海外アーティストからの視点が映像に描かれているものです。

どさんこにとっては見慣れた光景も、海外の人にとってはとてもエキセントリックに感じるという....深く考えさせらる作品でした。

YouTubeはこちら。(音が出るのでご注意。)
ミッフィ

ミッフィ(うさこちゃん)の作者、ディック・ブルーナ氏が、サンリオキャラのキャシー(キティちゃんのお友達?)を著作権侵害で提訴したそうです。

ブルーナ・ファンとしては複雑です。

私が思うに、キャシーとかいうキャラは、顔も服装もキティちゃんの「うさぎ版」という感じ。

10年前、パリのギャラリー・ラファイエットで甥っ子と姪っ子のプレゼントを物色したら、おもちゃ売り場にキティちゃんコーナーがあってびっくりしました。
横にはモンチッチ・コーナーがあってですね、「ここは日本か?!」と一瞬戸惑いましたよ。
だから今やサンリオは世界のキャラクターなんですよね。

どちらも子供の頃、大好きだっただけに、あまり揉めないでほしいなあ....。
DROPLETS/ chiharu mk

私の作品「DROPLETS」が入っているICMC2010入選Mixが
「2010 Electronic Music Midwest Festival」で再演されます。


EMM


October14〜16, 2010
360 degrees of 60x60 - 6 mix video installation
(Burgundy, Crimson, Magenta, Sanguine, Scarlet, and Vermilion) mixes
Video Collaboration with Patrick Liddell
EMM Festival, Lewis University, Romeoville, Illinois
DROPLETS/ chiharu mk

私の作品「DROPLETS」が入っているICMC2010入選Mixが、
イタリアTeatro Nuovo Giovanni da Udineで開催される、TEM [Taukay音楽出版社]主催の「Contemporanea2010」にて再演されます。

locandina


プログラムはこちら

October12,2010
360 degrees of 60x60 (Crimson Mix)
TEM - Taukay Edizioni Musicali
Teatro Nuovo Giovanni da Udine, Italy
大島 龍 展「RESONANCE・海と聖母」

101004

■2010年10月1日(金)〜20日(水) 「版と木版画」


イベント

■10月10日(日)トーク 15:00〜
『森とオオカミ』 大島 龍
一部*『オオカミと出逢う』
二部*『ぼくたちの庭には森たちがまっている』
*音響『天地交響』景井雅之
[場所:アルテピアッツァ美唄・体験工房]


■10月16日(土)詩朗読16:00~
レゾナンス・RESONANCE『森と安田侃さんの彫刻を、歩きながら、共振する詩人たち』
*音響『Float』etc. 向山千晴
[場所:アルテピアッツァ美唄・体験工房]


■10月17日(日)トーク15:00~
『森とオオカミⅡ・海の聖母』
Ⅰ部*「神話からの声・日本の狼、世界のオオカミ」
Ⅱ部*「海の聖母」 聞き手・安念智康(ドラマシアターども)
*音響『Dropletz』etc. 向山千晴
[場所:アルテピアッツァ美唄・体験工房]

※イベントに関する問い合わせはアルテピアッツァ美唄(0126-63-3137)伊東まで


WEBはこちら
今月1日から20日までアルテピアッツァ美唄にて、大島龍さんの個展が開催されています。

そして急遽、
16日(土)16:00〜の詩朗読会
レゾナンス・RESONANCE『森と安田侃さんの彫刻を、歩きながら、共振する詩人たち』と、

17日(日)15:00〜のトーク
『森とオオカミⅡ・海の聖母』
Ⅰ部*「神話からの声・日本の狼、世界のオオカミ」、
Ⅱ部*「海の聖母」

の2公演にて音楽を担当することになりました。
「体験工房」の角をスピーカーで囲んで、4ch電子音響作品をおこないます。

アルテピアッツァ美唄といえば8月に永田砂知子さんの波紋音の演奏を聴きに行って来たばかり。
感動したあの空間から、何やらまた「呼ばれた」...って感じでしょうか?
しかも、永田さんの演奏会は「レゾナンス 共振」~響きあう音・動き・空間~ というタイトル。
今回の大島龍さんの個展は「RESONANCE・海と聖母」というタイトル。

偶然のレゾナンス繋がりで、「共振」しまくりです!

そして永田さんの演奏会に出演されていた舞踏の竹内美花さんの踊りを初めて見たのは、石狩でもう10年以上も昔の、大島龍さん関係の演劇舞台でのことでした。
繋がっていま〜〜す。何故やら繋がっています。

不思議です。 札幌が、北海道が狭いからということではないと思います。
いえ、北海道は狭くないです......。

なんだか本当に「共振」しまくりですよ。

大島さんとは2004年のフランス・パリの「ギャラリーサテライト2」での個展以来です。
久しぶりの作品共演です。

詳しくはこちら
アルテピアッツァ美唄HPはこちら
今回おかげさまで出品者が多かったので、私は出品取りやめました。

ですが、学生の作品も力作揃いでしたし、ゲストの演奏も素晴らしかったので、初の16chコンサートとしては大成功だったのではないかと思います。

協力してくださったみなさま、本当にありがとうございました。


hertz11

hertz12

hertz13

hertz14

hertz15






[  10/03  hertz03  ]
「hertz03-北翔大学サウンドデザインゼミ・フェスティバル」
16chマルチ立体音響システムによる電子音響音楽コンサート


hertz03


2010年10月3日(日)

会場:モエレ沼公園ガラスのピラミッド「アトリウム2F」
札幌市東区モエレ沼公園1-1
開場:17:30 ・ 開演:18:00 ・ 入場料:600円


北翔大学生涯学習システム学部芸術メディア学科
大村美久・小寺詩織・前田 瞳・石垣 亮・越田昌基・小川圭太(OB)・永野貴大(OB)

札幌大谷大学音楽学部作曲専攻
磐井慎祐・佐藤栄介・島翔太朗・長谷部雄・梅田浩太郎(OB)・鈴木悠衣(OG)・田中李佳(OG) 

北海道情報大学メディアデザイン学科メディアデザイン専攻
白川芳大

北海道教育大学教育学部芸術過程芸術文化学科アートマネージメント専攻
佐々木佳奈

北翔大学・札幌大谷大学講師 
向山千晴


特別ゲスト

大阪芸術大学講師 檜垣智也
山梨大学講師 吉原太郎


主催:北翔大学生涯学習システム学部芸術メディア学科サウンドデザインゼミ
協賛:ヤマハ株式会社LM営業部(機材提供) ・ 山口竜也(サウンドシステム協力)
問い合わせ: MAIL: sound-design@live.jp HP:http://sounddesign.blog.shinobi.jp/
waterproof

waterproof / chiharu mk
(sc-mk-0901)
定価1,890円(税抜価格1,800円)
2009年9月2日 全国発売。

1) waterproof、2)a.N. 、3)panoramic chaos、4)no.4、5)style - r junichi oguro remix、
6)blue cave - inner mind - 、
7)flow http://www.myspace.com/chiharumk

produced by chiharu mk masterded by yoshihiro tsukahara / studio riccio
art direction & design : chiharu mk illustration : martin chik / javatea
01)guitar : yoshihiro tsukahara
05)remixed by : junichi oguro
06)cello : tomoki tai
07)vocal : tomoko shirata



twitter.com/chiharu_mk



iTunes
プロフィール
HN:
chiharu mk
HP:
性別:
女性
職業:
音楽家
自己紹介:
●●●-●●●-●●●-●●●

2001-2002年 国営ラジオフランス内「INA/GRM」にて電子音響音楽を学ぶ+
2002年 MOTUS主催 「FUTURA」にてスピーカー・オーケストラ・システム「アクースモニウム」の演奏法を学ぶ+
「IMEB30周年記念事業」でフランス国立図書館に「Kodama_2nd」が収蔵される+
電子音響音楽の他に、テルミンとのユニット「citron」でライジングサン・ロックフェスティバル2004 in EZOに出演+
2007年アルバム「piano prizm」、2009年「waterproof」をリリース+
ブールジュ国際電子音楽フェスティバル(FR.)、ICMC2010(NY)他に入選+

■MySpace+

■the sixtyone

■PhotoGallery

■Twitter

iTunes


アクセス解析
ADMIN | WRITE

忍者ブログ [PR]
"chiharu mk" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTRY INC.